フランス女は、フランス女に生まれるのではない。

    フランス女になるのだ。

    ボーヴォワールはフランスに生まれたからこそ、この慧眼をもてた。

    姪たちを見ていて常々思う。フランスでは、女の子は思春期の訪れと同時に女になる。というか、“女”というチンドン屋をはじめる(最初の2〜3年間は野暮ったさと技術の拙さで、まさにチンドン屋状態)。しかし歌舞伎よろしく早くからはじめる分習熟も早く、大学に入る頃にもなれば他のヨーロッパ諸国の同年齢に比べて格段に“女”らしくエレガントになっている。

    エレガンスは容貌の問題ではなく、態度のことだ。チンドン屋修行の始まる12歳頃から、フランス女子はエラソーに振舞う訓練もする。男子には、思わせぶりにして振り回す。逆に振られたら、女子でつるんで哲学する。ダイエットと化粧の練習は怠らない。恋愛対象になること以外、人生の意味なんてない。けど、食いっぱぐれないために、いちおうバカロレアはとっておく。

    ここまで書くと、日本のおバカ娘とどこが違うのかと思うだろう。違いは、“女らしさ”の定義にある。

    フランス女が目指すのは、官能的、性的、優美で成熟した女。女王と言っていいだろう。
    日本女が目指すのは、あどけなく、弱く、無防備で無垢で低脳な幼女。王女と言うにも幼すぎるだろう。

    そこで終わればまだいいのだが、日本の内股な“幼女”は同時に、すべてを包み込み耐え忍び養い続ける“太母”でなければならない。フランス女のように“女”一辺倒でいるのもご苦労な話だが、それどころの難易度ではない。

    人間のメスの大半には、幼女、娘、女、母、老女のステージがある。猫を飼っているとわかることだが、人間以外の動物は、生涯のうち、子供時代と生殖期(メスに限っては生殖に伴う短い子育て期)以外の大方の時間を、単なる個体として過ごす。人間のメスが、そのパターンに従ってはいけない理由がよくわからない。

    フランス女は子供時代を除き一貫して“女”という個体であるので、七変幻かつ一度たりとも個体でない日本女に比べれば楽だろう。ただし、“女”というトテツモナク不自然なものになりたがる文化には、私は首を捻りすぎて肩が凝ってしまう。

    テーマ : フランス
    ジャンル : 海外情報

    名前

    最近、うちのネコが太ってきた。5歳といえば人間でいえば40近いし屋内猫なので仕方がない。そこで名前をネコからデブに変えようかと思う。しかし、彼女をデブと呼んだら、彼女は私をママではなくバカと呼ぶだろうか?

    ロンドンブリッジ

    テロなんて、今じゃ普通の出来事になっちゃって。息を止めて生活するわけにいかないし、生活を一時停止にもできないから、3日も経つと世の中は何事もなかったかのように動き始める。

    地震みたいなもの。でも地震ほどの破壊の痕も残らない‥‥。って、違うんだけどね。本質的に。地震で原子力発電所が壊れ将来的に累計犠牲者数がテロをはるかに上回る場合を考える。そもそも原子力発電所をやってた輩の責任はどーよってなるけど、ワザワザ、数十万人殺めようと思ってやってたわけでもないんだよね。お金欲しかっただけで。

    その点、テロは戦争と同じで、殺すことそのものが目的なので、本当は同じじゃないのだ。

    テロを誘引したのが「お金欲しかっただけ」で他国を蹂躙し続けた西側先進国のエゴであることは、今日のところは考えないことにして。

    ロンドンブリッジはうちの最寄りターミナル駅だし、バラーマーケットにはたまに行くので、「いつもの」「普通の」テロよりもっと悲しくなった。テロの翌朝、夫はロンドンブリッジ駅乗り換えで空港へ行き中国出張に出かけて行った。

    サンセバスティアンに行ってきました

    久々にサンセバスティアンに行ってきた。スペイン最北東部バスク地方、フランス国境まで車で20分。美食で知られる小綺麗な街だ。日本でもこの頃知名度が上がってきたようで、視察に訪れた食のプロとおぼしき日本人もちらほら見かける。

    今回はロンドンの友達を連れての週末旅行。ヘロヘロに疲れるまで食べて飲んで笑ってきた。

    ciderteam.jpg
    林檎酒を注いでもらったんだけど…
    silly.jpg
    ほとんど入ってない
    fishface.jpg
    気を取り直してみんなにも注いであげる
    seafood.jpg
    ご褒美にごはんを食べる
    sunset.jpg
    そして記念撮影。

    子が親を看るということ(日本)

    滞日中、両親がお世話になっているケアマネジャー、医師、金融関係の担当者と面談する機会があった。

    どれも親の用事で、私は来ているついでに話を聞いておこうと思って同席したに過ぎなかったのだが、三人が三人、本人である母または父よりも私の方を向いて話をなさった。

    父は後で「年寄りは耳か頭が悪いから、子供さんにしっかり聞いといてもらおうってことだろうね」と、冗談とも本気ともつかない薄笑いを浮かべた。

    まあ親のことは本人が動けない時動ける私と兄も把握しておくべきで、同席は有用だと思う。でも、医療にしろお金のことにしろ決めるのは本人なので、「ご家族が同席されないと大事な話はできません」(実際、医者がそう言った)では、ご家族のいない老人はどうしろと?

    子が親を看て当然、という考え方が日本には歴然と残っているのを実感した。それが親から個の尊厳を奪ってもいる。

    薄笑いのまま晩酌に余念がない父に、ふと「そういえばさ、パパもママも親の介護なんてしなかったよね」と問いかけた。「しなかったよ。全然しなかった」。実際、両親がそれぞれの親に最後に会ったのは亡くなる数ヶ月〜数年前だった。二人とも長子ではなかったし、母は親きょうだいから遠く離れて住んでいた。父は同じ東京にいたのに滅多に見舞いにすら行かなかったが、きょうだいが大勢いた親世代では、珍しいことではなかっただろう。貧乏くじを引いた長男妻さんたちにはお詫びのしようもないけれど。

    世代が下って私の年代になると子供は二人が平均だ。実両親か義両親の介護のお鉢がほぼ確実に回ってくる。その子供の世代となると、もう無理なのが目に見えているから、政府は制度作りを急いでいるわけだが、間に合うかどうか。

    子供もいないし日本にもいない私の老後には起こりえない問題なのが、有難いようなものだ。

    食べ続ける獣(父)

    この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
    パスワード入力
    ブロとも申請
    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2017年10月 | 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR