小さな結婚式

    パリ16区の区役所の建物は住宅街にあり、昔の貴族の館を使い回してますという感じの、ヨーロッパの役所によくあるパターンだ。

    慣れないヒールを履いていたので駅からの途上でコケて、約束の時間ぎりぎりにロビーに駆け込むと、新郎新婦と花嫁の両親が待っていた。10分前に二階に通され、雑談。10時きっかりにお役人が現れて「ゴルションさま~」、メンデルスゾーンのCDが鳴りだした。かなりあざとい演出に一同噴き出し気味。花嫁は普段着のコートを脱ぎ白いワンピース姿になって片手にブーケを持ち、花婿と手をつないで入室、親たち4人も続いて入って行った。

    学校の卒業式のような感じで壇上の真ん中に区長さん、片側に式文を読むお役人が立っている。それに区が用意してくれたカメラマンがいて、式の間中パチパチ撮っていた(注1)。 さて、まずお役人が証人の身分証明書を確認する。親4人のうちフランス人は一人だけ、あと3人はアルジェリア人、トルコ人、日本人。おまけに花婿の実母(故人)はスペイン人で、お役人の顔には「さあたいへんだ」と書いてある。冒頭の式文で本人たちの氏名、職業、出生地、親の氏名、証人の氏名と居住地、職業をズラズラと読むのだ。

    本番で、「名前が、地名が、読めない」と思った(らしい)次の瞬間には、フランス人の名前まで読み間違えた。読み終わると区長さんが短い説教みたいなことを言ってから二人との「約束しますか」「はい」問答があって、区長さんが二人を夫婦と宣言し(注2)、この時点で婚姻成立。次に本人二人が署名、続いて証人が一人ずつ署名。式そのものはそれだけで、10分もかからなかった。

    本人たちはまだ23歳と24歳。これは彼女の永住許可のための便宜上の結婚なのであまり騒ぎ立ててほしくないと言いながらも、やっぱり嬉しそうだ。「つきあって6年近いし、一緒に暮らして1年過ぎた今では、ゆくゆくは結婚するつもりはあるけど、今じゃない」ということらしい。カエルと私も(歳は違うけど)同じような感じだったのでよく分かる。

    区役所の警備の人に近所のカフェを教えてもらって、まずはシャンパン。ほろ酔い気分になったところでイタリア料理屋に移動、お昼を食べ、ゆっくりお喋りをした。ほんとに家族だけのささやかな結婚式で、親たちはその夕方にそれぞれの住む外国へ、新婚の二人はアパートに戻って、翌朝には普通に仕事や学校へ行く。白いワンピースの上に再び普段着のコートをぱっと羽織って立ち上がる彼女の姿が、すべてを要約していた。

    それでも結婚は結婚。それぞれの親にも感慨は深いようだ。花嫁のお父さんはすっかり舞い上がって式の途中に歩き回ってビデオを撮り始め、お役人に「ご着席ください」と言われてしまった。数年前までアルジェの大学で教鞭をとっていた人で、大学教授にたまにいる、無邪気な天才君がそのままお爺さんになったような人だ。お母さんは外交官で、見た目はヨーロッパ系白人でフランス語も完璧に近いので、トルコ人とは言われなければわからない。「地下鉄で結婚式に行く花嫁なんて」と笑いながら、娘のやり方を認めている。ご夫婦ともイスラム教徒だがとてもリベラルで、娘をものすごく愛しているのがありありと分かる。花婿の父は、まあ、ご存知カエルさんなので、始終にこにこしていた。花婿の継母は、ご存知シカなので、シャンパンばかり飲んでいた。


    注1)撮影については国によって考え方が違うようだ。イギリスでは、実際の署名の場面は撮影禁止で、終わってから署名の真似をして写真を撮る決まりだった。
    注2)イギリスでは「私某はは某を夫/妻とし、これを愛し敬い、くどくど」という文言を役人の後に本人が一文ずつ復唱するので、言い間違えないか緊張する。フランスではウィ、の一言でよいのでかな~りお楽。

    テーマ : 最近の出来事。。
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR