スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    フランス女は、フランス女に生まれるのではない。

    フランス女になるのだ。

    ボーヴォワールはフランスに生まれたからこそ、この慧眼をもてた。

    姪たちを見ていて常々思う。フランスでは、女の子は思春期の訪れと同時に女になる。というか、“女”というチンドン屋をはじめる(最初の2〜3年間は野暮ったさと技術の拙さで、まさにチンドン屋状態)。しかし歌舞伎よろしく早くからはじめる分習熟も早く、大学に入る頃にもなれば他のヨーロッパ諸国の同年齢に比べて格段に“女”らしくエレガントになっている。

    エレガンスは容貌の問題ではなく、態度のことだ。チンドン屋修行の始まる12歳頃から、フランス女子はエラソーに振舞う訓練もする。男子には、思わせぶりにして振り回す。逆に振られたら、女子でつるんで哲学する。ダイエットと化粧の練習は怠らない。恋愛対象になること以外、人生の意味なんてない。けど、食いっぱぐれないために、いちおうバカロレアはとっておく。

    ここまで書くと、日本のおバカ娘とどこが違うのかと思うだろう。違いは、“女らしさ”の定義にある。

    フランス女が目指すのは、官能的、性的、優美で成熟した女。女王と言っていいだろう。
    日本女が目指すのは、あどけなく、弱く、無防備で無垢で低脳な幼女。王女と言うにも幼すぎるだろう。

    そこで終わればまだいいのだが、日本の内股な“幼女”は同時に、すべてを包み込み耐え忍び養い続ける“太母”でなければならない。フランス女のように“女”一辺倒でいるのもご苦労な話だが、それどころの難易度ではない。

    人間のメスの大半には、幼女、娘、女、母、老女のステージがある。猫を飼っているとわかることだが、人間以外の動物は、生涯のうち、子供時代と生殖期(メスに限っては生殖に伴う短い子育て期)以外の大方の時間を、単なる個体として過ごす。人間のメスが、そのパターンに従ってはいけない理由がよくわからない。

    フランス女は子供時代を除き一貫して“女”という個体であるので、七変幻かつ一度たりとも個体でない日本女に比べれば楽だろう。ただし、“女”というトテツモナク不自然なものになりたがる文化には、私は首を捻りすぎて肩が凝ってしまう。

    テーマ : フランス
    ジャンル : 海外情報

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2017年09月 | 10月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。