X親権 ○子の権利

    フランス人との離婚に際し、8歳の子をフランスの夫の許に残し単身日本へ帰りたいという女性が相談してきた。

    彼女の話には、有責、慰謝料、親権といった言葉が出てくる。それだけで、フランスに住んだ年月があまり長くないのだなと分かる。案の定、二人が出逢って結婚したのは日本で、フランスへは子が生まれてから移住したそうだ。

    どこから説明していいのやら。第一私はフランスに住んでもいないし子もいない。在仏の日本人弁護士に相談してくださいとは言った。しかし応急手当というか、とりあえずのアドバイスをとおっしゃるので、下記のようなことを伝えた。

    フランス含む欧州では、離婚はどちらか一方がイヤになった時点で成り立つ。家庭内暴力など重大な事由があれば別居と同時(即時)に離婚成立。二人のどちらにも何の非もない場合でも、一方がもうイヤと思えば十分な理由になる。もう一方が離婚したくないと言い続けても別居後1年ないし2年で離婚は受理される。片方の浮気や借金が原因であっても、有責という考え方はない。

    だから慰謝料というものもない。離婚に於いては、結婚生活中に生じたすべての資産が平等に分割される。婚前契約で明確化されていない限りは、片方が結婚前から継続していた事業などによる資産も分割の対象になり得る。

    親権というものはなく、むしろ子の権利がある。つまり子には両親をもつ権利があり、両親に会う権利があるので、片親が勝手に親権放棄しますと言って子の人生から消えることは許されないし、もう片方の親があなたみたいなアホには子を会わせませんなんて言う権利もない。

    彼女の場合、慰謝料も親権もいらないので日本に帰りたいと言っているわけだが、まず慰謝料なんて、いるもいらないも、はじめっからない。そして子には彼女に会う権利があるので、彼女一人日本へ帰ったとしてもかなり頻繁に子に会いにフランスへ行かねばならず、その費用は彼女が自分で捻出せねばならない。

    彼に経済力があり、彼女にないのなら、その辺は離婚自体の協議とは別に、二人の間で相談するしかないと思う。

    日本の考え方とはあまりに違うので、欧州に慣れる前に欧州で危機を迎えた彼女の混乱はたいへんなものだろう。子も巻き込まれることだし、少しでも落ち着いて正しい方向へ舵取りできるように、祈るばかりだ。

    テーマ : 国際結婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    コメントの投稿

    非公開コメント

    私の場合


    まずはじめに、欧州とはいささか大きすぎる括りではないかと異議を申し立てるわけですが、私にも知らないことが多く、あくまで私のケースに限った「フランスの事情」。離婚、それほど楽ではありません、というか、かなり面倒です。

    弁護士のこと、共同財産の整理だけをみても、どちらにしろお金がかかるので、貧乏な我が家では前へも後にもすすみません。いや、無料で弁護士を使えるでしょう?という声も聞こえてきますが、それは双方が離婚に同意し、同じ弁護士を使って、取決めにはなんの意義もない、という話であって、我が家のように、離婚の非是はともかく、この流れになった夫の「思い込み」「作り話」に納得がいかず、「ちょっと待った!」をかけている私のような妻をもつばあい、帰国理由が正統である以上(離婚するつもりで帰国していないし)、そもそも別居期間にはカウントされません。という説明を弁護士から受けました。それから、片方の意思だけで別離を強行できるのは、パックス婚。オーランド大統領もいい見本でありました。正式な結婚のばあい、そこまで簡単にはいかないのが私の立場からの実感です。

    子をおいても日本に帰国する、とは子をもつひとりとして理解できません。ですが、そこまで追い詰められてしまった友人も、子を産んですぐに離婚話に発展した知人も身近にいたため、想像に難しくありません。みなさん、ハーグ条約”の縛りに悩まされていて、子供が成人するまでは・・・というのが口癖。別れるも、続けるも大変だというのは、国際結婚のリスクのひとつなのでしょうか。

    そうですね、シカさんがおっしゃるとおり、親権もいらないというのは日本的な発想で、フランスでは「共同親権」のため、複雑な複合家族になる土壌がそこにあるのだと思います。ただし、私はこの共同親権については賛成で、親が子供に責任をもつというのは当然、安易な放棄は認めないという意味でしょう。日本のように母親に子供を押し付けているくせに、シングルマザーバッシングや生活保護批判につながる風土は馴染めませんし、逆に、母親が、父親が、元妻、元夫に子供を会わせないというのも異常だと思います。とはいっても、夫の複合家族をみていると、いろいろと言いたくなることはあります。

    話が長くなりましたが、一過性の流行病であってほしいと願わずにはいられません。彼女同様、帰国した母親の後悔を間近にみているひとりとして。




    Re: 私の場合

    簡単だとは言っておりません。

    欧州内国ごとに制度や手順の違いはありますが、大枠の考え方は一致していると思います。私と身内が直接体験したのはノルウェー、スペイン、イギリス、フランスでの離婚だけですが、オーストリア在住の方からもこの記事全般について的確であると承認いただきました。

    もちろん個々の事情により複雑さは大きく異なります。
    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2017年07月 | 08月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR