好き嫌い、嫌い

    「サラダは嫌い」→あっそう。

    「玉ねぎ嫌い」→あっそう。玉ねぎ抜きで作れるものって少ないね。

    「野菜は好き。インゲンとか、グリーンピースとか」→インゲンとグリーンピースの茹でたのを出す→一口も食べない→いつもの(フランス風の)料理法じゃないから、嫌→てか、ここイギリスだし、私フランス人じゃないし。

    「ズッキーニは嫌い」→一口も食べない→前もって嫌いかどうか訊かなかったからねぇ。

    「カレー大好き、でも辛いもの嫌い」→甘口のお子様カレーを作ってやったが、半分以上残す。フランスのインド屋のと味が違いましたかね。

    「肉は嫌い、鶏は好き」→知るか。

    スパゲッティボロネーズを出したら、玉ねぎも肉も嫌いなはずなのにえらい勢いで食べ始めた。が、しかし‥‥半分ぐらいで急に皿の上で弄び始め、結局お残し〜。そんなに不味かったなら、最初の勢いは何だったんだ?

    私の作るものが一般的な味覚で不味いわけじゃないことは、彼女らの祖母(私の義姉)の食べっぷりから明らかだ。外国料理にほとんど馴染みのないフランスの70歳が美味しいと言ってお代わりして食べてるんだから。

    でもね、お嬢さん方、この叔母さんが作るご飯がそこまで嫌いなら、外で食べておいでよ。自分で英語で注文してお金英ポンドで払ってさ。一週間、毎晩飯食いに帰ってこなくていいんだぜ。

    フランスやスペインの子供は好き嫌いしないようには教えられてないから、それは仕方ないけど、作った本人の前でどっさり残す13歳二人って、私も好き嫌いで言うなら嫌いだわ。自分の好みをいろいろ考えた上で人が作ってくれた食べ物だってこと、分かってないとしたら幼すぎるし、分かってて残すんなら傲慢すぎる。

    土曜日:外食(どこで何食べたか知らない)
    日曜日:ラザニア、サラダ(トマト、ベビーリーフ。玉ねぎ抜き)
    月曜日:カレー、さやいんげんとグリーンピース
    火曜日:鳥もも肉の香草チーズパン粉焼き、ローストポテト、卵とアスパラガスのサラダ
    水曜日:スパゲッティボロネーズ、ズッキーニ(香草とバターで蒸し煮)
    木曜日:揚げない軽めのレモンチキン、卵とガーリックだけのチャーハン

    テーマ : フランス
    ジャンル : 海外情報

    コメントの投稿

    非公開コメント

    作り手のきもち


    シカさん、お疲れ様でした。
    いやはやフランスのお嬢さんたちの姿が目に浮かぶよう。食べ物の偏りってそのまま人間のそれだと私は偏見とはいえ思い込んでいるところがあるので、好き嫌いの多い方はお招きできません。こちらが一生懸命にもてなそうと料理に時間をかけても、それがわかりませんからね。

    あー、それにしても、このガキどもむかつく!


    Re: 作り手のきもち

    MGBさま、

    分かってくださるだけで助かります(笑)。フランスの親って子供に好きなものだけ食べさせとく人多くありませんか? レストランで残すのはまだしも、我が子がよその家でやっても悪びれない。夫の息子も二十歳過ぎ頃まで好き嫌い多いし、ちょっとでも調理法が違うと食べないしで往生しました。同じクリームコロッケなのにスペインではハムが入ってて私のはエビだから嫌いとか。27歳の今では日本食でもなんでも喜んで食べますけどね。留学で、ママの味じゃなきゃイヤとか言ってると餓え死にすると分かったおかげかもしれません。

    在欧長い私でも、日本のもったいない精神、命を粗末にしてはいけないという教育は染みついてて、食べ物捨てるのは抵抗があります。作った人の気持ちはまあ作り手が自分で始末すればいいにしても。なんでヨーロッパは、キリスト教でも食べ物を粗末にしていいなんて言ってないのに、こうなってしまったんでしょうね?

    No title


    仮説の域を脱しないのですが、食事からしか人間は栄養をとれないという認識がまず低いのではないでしょうか。うちの家族はだ~れも食養など知りませんでしたから。

    それと、子供向けの料理をつくる人とはまだお目にかかれていません(離乳食以後)。さすがに大人の好むもので、子供が食べないだろうと思われるものでもお構いなし。夕食がハム一枚、フライドポテトだけという光景からフランス生活がはじまったので、たまげたのなんのって(笑)

    個人主義?
    放任主義?

    相手の気持ちを考えるよりも「自分の意見を言う・主張すること」を大切にするのがフランス式の教育だと、教師をやっている親戚がこぼしていました。それと関係ありそうだとわたしは思っているのですが・・・
    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    05月 | 2017年06月 | 07月
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR