心中は日本独特の文化だって?

    二か月ほど前、英国南海岸の断崖で夫婦が幼児の亡骸をリュックにいれて投身自殺した。夫が34歳イギリス人、妻が44歳日本人で、子は5歳だった。

    結婚12年というから、7年目にして子が生まれたのだが、子は1歳半の時に事故で脊髄損傷のため重い障害を負い、その後は夫婦とも仕事を辞め子の療育に専念していた。その子が感染症であっけなく亡くなり、夫婦は生きる目的を失ったのだろう。

    イギリスの大衆紙はけっこう騒いだ。double suicide とか suicide pact というもの自体は、そういう言葉があるぐらいだから、イギリスでもないわけではない。でも片方が日本人だったことから、「心中という概念は腹切り、引責死といった文化のある日本に独特のもの」といった論調がみられた。夫が妻より10歳若かったことも、オノヨーコ説(日本の魔性の年増女が無垢な白人男をダメにした)に拍車をかけたようだ。

    そりゃちょっと強引つーか、知ったかぶりなんでは?

    それにしても写真を見る限り、日本人妻は小柄で童顔、イギリス人夫は優し気で線の細い少女漫画タイプ。「小さくか弱く優しくトロくさいもの」を慈しむ世界を求めて一緒になったのかもしれない。ピーターラビットの国イギリスや、キティちゃんの国日本が、本当にそうだったらよかったのにね。

    テーマ : 社会ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2017年05月 | 06月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR