プロのおフランス人のお食事

    今日は朝から、ライ Rye という中世の街へ出かけた。イギリス南東、ドーヴァーとブライトンの中間あたりにある港町だ。観光地化されすぎたカンタベリーなどに比べ普通の街の営みがあって、とても素敵な所だった。

    ただし観光シーズンじゃないのもあって、街一番の高いレストラン以外ろくな食事処がなく、あっても夜だけの営業だったり改装中だったりで、お腹が空いてしまった。結局港に面したパブでシーフードを食べた。プロのおフランス人曰く、イギリスの、特別なシェフもいない普通のパブとしちゃ非常に上出来。

    途中寄り道もしたので帰宅は夕方5時を回った。「昨日も今日も外食続きだったし、家で夕飯作ろうか?」と言ったらおフランス男二人とも「よきにはからえー」。

    まず冷凍庫の鶏肉を解凍、昆布と干椎茸を戻す。次に一昨日の海老だしを使って茶碗蒸しの準備。昆布・椎茸だしで木の子の炊き込みご飯。ご飯を炊いている間にいんげんの胡麻和えと唐辛子入りきんぴら人参を作り、最後に茶碗蒸しをレンジにかけながら鶏肉を生姜と大蒜を入れて照り焼きにした。

    茶碗蒸しにはニュージーランドの白ワイン、鶏肉とご飯と野菜にはボルドーの赤ワイン。おフランス男は二人ともご満悦で、自称グルメのジャンポールも「これ毎日作れるならニューヨークで雇ってあげる」と言いながらワシワシ食っていた。

    いや、毎日は、勘弁です。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2017年07月 | 08月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR