スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ロンドンのお家芸

    サンセバスティアン(スペイン)に住むイギリス人の友だちナディアが夏休みでオックスフォードへ帰省中、同郷の親友を連れてロンドンに会いに来てくれた。お寿司大好きなナディアなので、在ロンドン日本人に評判のいいらしい店を調べて連れて行った。

    ナディアが早速ランチの様子をFBにアップロードしていて、スペインの友だちがいろいろコメントしている。その中で、「世界中のあちこちから来た4人が食事と友情を分かち合うなんて、人生素敵だね」というのがあった。

    そういえば、ロンドンに住んでると当たり前すぎて考えてもみなかったが、4人それぞれ人種も出自も違う。

    ナディアはお母さんがニュージーランド人、お父さんがヨルダン人で、彼女自身はイギリス生まれイギリス育ち、そして20年近くスペインに住んでいる。なので容貌は中東的、内面はイギリスの躾の良さとスペインの愛嬌が混在していて、とても素敵な人だ。一緒に来た友だちのアナはいわゆるイギリス人(優しげでちょっと洋梨型でおっとりした感じ)。そして私はもちろん普通に東洋人、夫は一見北欧風のフランス人。話す言葉も、全員足すとスペイン語、フランス語、ドイツ語、アラブ語、日本語、ノルウェー語、英語とけっこう豊かだ。

    最近できたうちの宅地の住民会も、そう思って見れば国連会議の庶民版かという様相ではある。

    世界が集まるロンドンという街、そして当たり前みたいにホスト役をつとめてしまうイギリスという国。旧植民地支配者だから罪滅ぼしという一面もあるけど、それ以前にディプロマシーというものがイギリス人の基本的国民性の一部にあるのだと思う。いろんな意見が飛び交う中で、なんとか妥協点を見つけて纏めようとしてしまう、先天性プリフェクト(寄宿学校などでまとめ役・お目付役になる生徒)。

    やっぱり私には今まであちこち住んだ中でロンドンがいちばん居心地がいい。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    そちらは国際的ですね。ここの住宅はアメリカ人が多数派です。しかし職場の方はバラエティーに富んでいまして、暇なときに国の話を聞かせてもらうと楽しいです。イスラム教徒はみんなアラビア語だと不勉強な私は思っていましたが最近知り合いになったイラン人の人はペルシャ語を誇りに思っています。

    ここしばらく(といっても結構長い)日本でもアメリカでもイランの情報はネガティブなニュースしか聞かないので直に聞いてみると興味深い話が多いです。

    なんと言ってもペルシャ語のメモ、さっぱり読めないですが格好いいんですね。思わず、それ格好いいメモやなあと言ってしまいました。アメリカ人が奇妙な漢字(時々誤字がある)の入れ墨を入れるのと同じ心理なのかと思ってしまいました。

    Re: No title

    MKさん
    イギリスも田舎は国際的じゃないですよ。昔、ソールズベリの近くの義母(当時)の家に滞在していた頃は、近所のお上品な英国紳士淑女らに思い切り疑念の目で見られました。「義理の娘です」と義母が紹介するまでは。
    外国語ファッションといえば、失笑ものの日本人英語をプリントしたTシャツ同様、西洋でも珍妙な漢字デザインをよく見かけますね。イギリスの服飾ブランドで Super Dry というのがあって、超乾燥というロゴなんですが、大流行です。わけわかんないんですけど、カッコいいと思うらしくて、誇らしげに着てる人が大勢います。
    いちばん笑ったのは、中国の道路標識で、民俗公園(日本民家園みたいなの)という漢字の下に Racist Park って書いてあったの‥‥。

    No title

    こんにちわ。
    アメリカだとボストンにいた人が閉鎖的なところだと言ってました。3代はボストンにいないとボストンの人間じゃないって。そもそもアメリカ人がついこの前ここに来たくせになにを言ってるんだか、という感じでえらくご立腹でした。

    超乾燥にRacistPark、最高ですね。
    そんな公園怖くて入れないですよ(笑)

    この辺りだと原文(フレーズ)がなんなのかがわからない日本語(文法的におかしい)の書いてあるTシャツを売ってますよ。しかも大手スーパーです。
    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2017年05月 | 06月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。