感染症シリーズ

    日本に行く前に発症した膀胱炎から続いて五月雨式にあれやこれや感染症に罹っている。滞日中は唇のヘルペスに悩み、帰欧してからは再び膀胱炎、すごい口内炎、お腹の不具合、今また口内炎。身体の調子がいまいちだと、もともとの不注意に輪がかかり、机の角に指を激突させたりアイロン(冷えたの)を足に落としたりで流血の惨事が続いている。

    「(お前みたいに頭が弱い奴は)豆腐の角に頭ぶつけて死んじまえ」というフレーズは、今では使われていないのだろうか。夫にそれを教えたら、食卓に豆腐がのぼる度に嬉しそうに満面の笑みを浮かべて私を見るようになった。

    自爆だし‥‥。

    それにしても感染症(と事故)が多いのは、更年期の始まりか、はたまたエイズ発症か? いえいえ、もちろん検査しましたとも。1988年に。結果はシロ、怪しい初期症状もなし。後出しって言われればそうなんすけど、1985〜88につきあっていたジュネーブの御曹司ジャンキーがHIV陽性と分かって、私もいちおう検査は受けたのですよ。因みにそのスイス人は今も元気に生きてます(相変わらずアホのまま)。わたくしも、以来エイズに罹るような行いはいたしておりません。

    今日はアイロンで突き刺した足から派手に血が出たのでビビッてしまった。血を見るって言うけど、血を見て血が引くというか、怪我そのものより恐怖でやられ30分ほどソファで青くなっていた。まず猫が心配そうに(不便そうに)見にきて、次に夫が「やれこの手のかかる妻をどうしたものか」という顔で構いにきた。ご飯を作る時間だったので、両者とも困ったのであろうことは、よく理解できる。

    具合がよくないのは、動けないほどでない限りは考えても仕方がないので、なるべく考えないで他のことをしようと思う。それでブログでも書くか、と相成った。そうして書いたのが具合がよくないという話だった‥‥。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2017年10月 | 11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR