留守番屋さん

    5月に日本へ行くことになって、その間猫と家をどうしようかと困っていた。餌やり業者に毎日来てもらうのはお金がかかりすぎるし、一日中ひとりで猫は退屈してしまう。やっぱり誰かに住んでもらうのがいい。でも在ロンドンの人には買い物や通勤に場所が不便すぎる。海外の家族や友人にもそんなに長い期間仕事や家庭をほっぽり出して来れる人はいない。

    さあどうしようと思案していたところ、留守番屋さん専門のウェブサイトを見つけた。他人の家や動物のお守りをする代わり宿代タダという仕組み。他人の家から家へ泊まり歩いて世界を放浪するのがライフスタイルという人々が、常に行き先を求めている。あやしげな若者ばかりかと思いきや、そうでもない。昔ノルウェーで、家を売ったお金を元手に船を買い世界一周航海中、一冬をトロンハイムの波止場に停泊して過ごしていたアメリカ人夫妻と友達になった。珍しい生き方だなあと思ったが、そう珍しくはないらしいのだ。

    子供たちも巣立って自由の身になり、引退して家を売り払い、元気な間に世界を見て回ろうという初老の夫婦がたくさんいる。彼らにとってロンドンは魅力的な滞在地で、猫の写真つきで告知を出したら「恋人募集サイトか?」ってぐらい熱烈な問い合わせが殺到した。あ、猫が美人だからか。

    100件近い応募を“捌き”ながら人事担当者のエラソーな気分を堪能した。ようやく数件に絞り、ただいま交渉中。私の気分は、ニューヨーク出身の日米夫婦で世界旅行中というカップルに傾いている。日本人だから家の中は靴脱いでくれるし、すごい清潔好きだそうなので。もう一組、カナダ人の元不動産業というカップルもいいかな〜。超ネコ好きのようだし、他人の家の扱いのツボを心得ていそうだから。

    他人事ながら、数ヶ月先の住処を常に探しながらの暮らし、スリル満点すぎて私だったらストレス毛玉になりそう。見も知らない他人に家を預ける不安がないわけではないが、人生賭け事。やってみるしかないか。

    テーマ : 海外生活
    ジャンル : 海外情報

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    鍵コメAさんへ

    私が使ったのは Trusted Petsitters というサイトで、こっちは留守番兼ペットの世話代タダ、向こうは宿代タダというシステムです。世界一周など長期旅行中の、見ず知らずの他人に長期住んでもらうことになるので、それなりの見極め力や交渉力が必要です。それと、ロンドンは人気旅行先なので来たい人がいっぱいいますが、デュッセルドルフは観光地とは言い難いので、その辺どうでしょうね‥‥。
    http://www.trustedhousesitters.com/gb/?gclid=CIfLjY6P6scCFQVuGwoddTYHcQ&utm_term=%7Bkeyword%7D&utm_medium=cpc&utm_source=google&utm_campaign=Google-Adwords

    私がデュッセルドルフにいた時は、ニュースダイジェストに告知を出して探しました。ドイツの普通の業者(けっこう高い‥‥特に犬は散歩があるので猫より高いです)も使ったことがありましたが、土足で家の中歩き回るし、仕事がイマイチ雑だし、事前に会って相談した責任者以外に複数の人が来ていたので猫としてはストレスだったようです。そこで日本人を探すことにしました。運良くすぐ近くに住むワーホリの女性が見つかって、何度もお願いしました。彼女にすれば自分ちより広い家で大好きな猫とのんびりできるし、こちらとしては清潔で良心的な人に猫を任せられて安心だし、とてもうまくいきました。業者に払うより少なめのお礼でやってくださいました。

    ドイツの業者なら、例えば以下のサイトなどで探せます。

    http://www.yelp.com/search?cflt=pet_sitting&find_loc=D%C3%BCsseldorf%2C+Nordrhein-Westfalen

    No title

    ご返信ありがとうございました。そうですよね、、確かにデュッセルにわざわざ長期で滞在する人は稀ですね。  私もロンドンに数年住んでいたのでうらやましいです。
    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR