私の無知と偏見

    私たちは小綺麗な集合住宅に住んでいる。マンションというかテラスハウスというか、四〜五階建ての棟が中庭を挟んで二つあり、各世帯が縦割りに2フロア使っている。うちは地下と一階、二階。上の住人は三階と四階という具合。ルーフバルコニーのある世帯もある。

    基本的には賃貸住宅なのだが、向かいの棟の真ん中二つの物件を購入し壁をぶち抜いて住んでいる小金持ちがいる。庭の垣根も取っ払って豪邸気分を満喫している。広い家が欲しいなら一軒家を買えばいいのに、なんで集合住宅? 一族郎党(赤ん坊、妊婦、夫の他に青少年数人、老夫婦、別の中年男女)が常時出入りしていて、本当は誰が住んでいるのか分からない。富と幸せのアピールは結構だが庭で肉を焼きまくる傍らで青少年が嬌声あげて遊戯に興じるのは、ありがたくない。それと、冬期庭を冷蔵庫代わりにビールや水のケース置き場にするのも、洗濯物干すのも‥‥ドイツ人にしちゃドイツの常識破りすぎ。

    そこでもたげる猜疑心。あの家族はもしかして、東ドイツから来た成金?

    私は東欧・旧ソ連(ポーランドを除く:理由は後述)人に対してけしからん偏見を持っている。今まで出会った人に、無知で傲慢で無作法な人が多かったから、恨みは倍返し(フッフ)。なんちゅうか、民度が低いのよ。

    急激な民主化で劣等感と自尊心が彼らの頭の中で引火して、西側白人社会にバカにされることが非白人蔑視に繋がっている感じもする。

    共産主義時代に偏った教育を受けたのは明白で、旧東ドイツではナチスについてもあまり教わらなかったそうだ。

    日本女性で結婚相手が在独ポーランド人というパターンをよく見かける。ポーランドは親日的で、私が接したポーランド人も日本人と知ると興味をもち親しんでくる人が多かった。なぜかヨーロッパではバカの代名詞扱いされているポーランド人だが、私の印象では文化芸術に造詣が深く哲学的で剽軽で温かい人が多い。

    ところで、ポーランド以外の東欧人、あるいは東欧どころかトルコ人、パキスタン人などを彼氏にしている日本女性も珍しくない。わざわざドイツに来て外国人とくっつくわけは国民性とは関係なさそうだ。要するに、(西)ドイツ人に相手にされないから。

    日本人は人種・民族・宗教の相克する環境に育っていないので無垢というか無知というか、「愛があれば」となるらしい。でも結婚してからバカの壁に突き当たっていらぬ苦労をする様もあまた目にする。壁を構成するのは、育った環境の経済的民度と宗教。今はドイツで普通に稼いでいても、我が隣人のように生き方が成金だったり一族郎党と同居だったり、結婚したが最後ハラル料理を習得し頭に被り物までしなければならなかったり。知り合いの東ドイツ人医師なんかは「オレ、医者」とあの猫の歌みたいに連呼してたっけ。あ、この歌知らない人は“おれ、ねこ”で検索してみてね。

    テーマ : 東欧
    ジャンル : 海外情報

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    フフフ、「おれ、ねこ」だと最後いい人になっちゃいますよ。
    言葉は分からなくても、気持ちはよくわかることに...
    おれ医者族は相手の気持ち分からない気がする。
    というのは置いといて、私も色々な日本人女性を見てますが、スイスは高給なので、それだけで勘違いしてる人多い気がします。
    でも、ねぇ...ペーターなんですよね、基本が。
    それが良いとか悪いとかは、人それぞれですけど、都会好きの私には大変でした。これも民度の一つかも。

    Re: No title

    オレ、医者だから 人の気持ち分からない
    オレ、医者だけど この人の人種 なぜかよく分かる〜
    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2017年07月 | 08月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR