日本がなぜこうもヤバいのか

    竹島、そして尖閣諸島の騒動で余程頭にきたのか、なんだか国粋主義みたいなこを言い始めた知人がいる。以下は彼女とのやり取り。彼女の了解をとっていないので、彼女の言い分は要約を〈〉内に記すにとどめる。

    <ドイツにいるあなたには中国の理不尽さがわかっていない〉

    日本のニュースは見てますので大方の動きは知っています。日本人が相当ムカついているのも道理だと思います。まあ中国という国はかつて偉大な文明を築いたのですけど、今の中国本土にいる人々は台湾やシンガポールや香港やアメリカや‥‥あちこち‥‥に頭脳が流出した後の残り滓のような感じはします。

    私は中国のゴリ押し体質も韓国の強請り体質も好きじゃありませんが、日本外交の拙さ(語学力/修辞力の不足を含め)が事態を収束のつかないところまで悪化させた大きな一因と思っています。

    〈日本外交は弱腰すぎる。中国や韓国にガツンと言ってやるべきだ〉

    いや、今の段階でやみくもに強腰に出てもよけい紛糾するだけでしょう。かといって妙案も思いつかないのですが。

    同じ敗戦国としてドイツは日本と正反対の道を選びました(親父や爺さんの罪を反省しろと言われ続けた若者がキレてネオナチが台頭したというオマケがついてますけど)。しかし旧敵国との関係をここまで修復できたのは、旧敵国たる連合諸国が民度と基本的価値観においてドイツと同類であるお陰もあったでしょう。日本は非キリスト教圏で非白人国家です。さらにアジアにおいても特異すぎます。鎖国のせいでしょうか。日本人はいまだに、自分たちだけに通用する常識の中で生きているのです。

    驚くに及ばず、ドイツのメディアは今の領土騒ぎを“戦後処理を怠った日本の負債”という切り口で解説しています。優等生にそういうこと言われるとなんだか面白くないですが。

    〈ドイツのほうがもっと残虐なことやったのに、日本となぜこうも違うのか。でも戦後処理が甘かったのは否めない。アメリカにおんぶにだっこに、頼りっきりだったツケが回って来た。 そこで今度の選挙は、今の事態を少しでも改善してくれそうな橋下、率いる日本維新の会が脚光をあびている。今回の領土騒動は、アメリカが糸を引いている。安保も核も言いなりでは、今に食料問題もアメリカコントロールされる。すでにTPPではアメリカに押し切られそうな勢いだ〉

    日本経済の復興は(予想の斜め上を行きすぎてアメリカの日本叩きを招いたものの)、アメリカの都合で始まったこと。目先の富に食いついてそのアメリカに尻尾を振り続けた愚政府と、その政府に投票し続けた愚民。日本の現代史は自慢できたものではないです。土壌がないところにアメリカから急ごしらえに移植された民主主義議会政治が成熟するいとまもなく、あれよあれよという間にお金だけ一人前になってしまったのです。

    戦争責任は、ドイツと日本のどちらがより残虐だったかの問題ではなく、それを言えばアメリカも同等に残虐だったし今も残虐なわけですから、同じ悪でも負ければより悪となってしまうのが残念な真実です。

    ドイツが偉いのは、本当に本当に反省したことです。日本では政府要人が公然と靖国参拝し、南京虐殺はなかったと言う輩がまかり通ってますが、ドイツでホロコーストを公に否認したら刑務所行きです。個々のドイツ人は、生来の独善性と命令大好き症候群を抱えながらも、ナチズムについては敏感すぎるほど悔やみ傷ついています。今でも。

    日本では、私たちの世代でさえ、学校で原爆のことは教わっても加害国としての側面はほぼ完全スルーでした。ユーミンが『スラバヤ通りの妹へ』で歌ったように、日本の若者はアジアへ旅して初めて事実を知り面食らう有様でした。そして今でも、アジアに残した爪痕を考えてもみない日本人が多いのではと危惧します。

    これでは強請り集りの種が尽きるはずもありません。そしてアメリカの都合で膨らみ萎み、その度に国土震撼を繰り返す‥‥天然の地震津波だけじゃ不十分とでも言わんばかりに。なんて国だ。
    A Japanese acquaintance, fuming over the Chinese riots over Senkaku Islands, has started sounding alarmingly nationalistic. The following is a recent exchange between her and myself (her quotes marked with "-").

    - You sitting safely in Germany have no idea how violent things have been in China. -

    I have been following Japanese news so I am aware of what has been going on. It stands to reason that you are disgusted. China once was a great civilisation, but it seems now that the people remaining in mainland China today are sad "leftovers" after the cream of their society has fled to Singapore, Hong Kong, Taiwan, North America and elsewhere.

    I am not fond of the Chinese habit of forcing their way, nor of the Korean habit of using victimhood as a means of extortion. However I acknowledge that it is Japan's own diplomatic failure, including their appalling lack of linguistic and rhetoric skills, which has allowed the issues to blow up out of proportions.

    - Japan should stand firm and put China and Korea in their places. -

    No, that would only complicate the matters.

    Germany, another loser of WWII, chose the opposite approach to the aftermath as Japan did. Even if that entailed young Germans getting fed up with being forced to feel guilty for being German, to pay for their fathers' and grandfathers' sins, resorting to Neo-Nazism.

    But one of the reasons why Germany has been so successful in mending relations with former enemies must be that Germany shares, essentially, in the same fundamental values and level of civilisation as the former Allies. After all they are one of them. Japan is not. It is a non-Christian, non-Caucasian country. And it does not share much with its Asian neighbours either. Whether the 400-year isolation period is to blame or not, the Japanese still live within their own little set of norms which is only valid among themselves.

    German media has analysed the current Chino-Japanese crisis as a consequence of Japan's debt from WWII which the country has failed to address adequately. Well it's uncomfortable to hear that from holier-than-thou Germans, but they have a point.

    - Germany committed worse atrocities than Japan. Why is its current position so different from that of Japan? True that Japan didn't address the post-war issues properly. We just relied upon the U.S. and now we're having to pay for it. Now in the upcoming elections the popularity of Hashishita (controversial Osaka mayor) and his Ishin party is gaining momentum with their promise to stand up against American domination. Take this territorial dispute for example; the U.S. interest is behind it. America has pushed Security Treaty, their nuclear waste, and their surplus food production onto Japan. Somebody has to put a stop to all this. -

    Japan's economic growth was allowed to happen because it suited Americans (until it far exceeded their expectations and Japan-bashing ensued). I can hardly brag about the post-war history of Japan; the short-sighted greed and folly of the voters which kept the corrupt LDP in power for donkeys' years. Parliamental democracy, hastily transplanted from the U.S. on the soil which had no basis for it, has had no time to take root and mature during the disproportional economic growth, rendering Japan a nouveau-riche, clueless nation.

    The point about war responsibility is not which country, Japan or Germany, behaved worse. If that were the case then the U.S. was equally atrocious and it still is today. The unfortunate truth is that the loser's evil is always seen as greater than the winner's.

    It is to the Germans' credit that they did truly repent. In Japan, cabinet ministers visit Yasukuni and public figures get away with openly stating that Nanjing Massacre never happened. Denying Holocaust is a criminal offense in Germany. Individual Germans, while retaining their inherent self-righteousness and love of following orders, painfully regret their Nazi past 70 years on.

    In contrast, post-war education in Japan concentrated on Hiroshima and Nagasaki, and depicted Japan as a victim. We were not taught at all about Japan's role as an aggressor. As Yumi Arai sang in "My Little Sister on Surabaya Street," young Japanese tourists would visit Asia only to discover for the first time what their country had done. I fear that even today, the majority of Japanese people are either unaware of or indifferent to the scars left in Asia by Japan.

    That said, there remains plenty of loose ends in Japan for the likes of China and Korea to take advantage of. These deficiencies will continue to expand and shrink as America pleases, and each time that happens the whole country will shake. As if the natural earthquakes and tsunami were not enough. What a country!

    テーマ : 尖閣諸島問題
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    記事読んで思ったことは、ガラパゴス化してる日本にいると、マスコミ報道もすごく偏ってるんですけどそれが見えないんですね。ガラパゴスだから。
    語学力に関しては、もうどうしようもない気がします。
    ネイティブの発音が出来れば、内容なんか二の次で国営放送ですらハーフのバイリンガル(もどき)を使ってますもん。文法にはうるさいし。要は何を話すかでなく、いかにネイティブに近い発音をして文法を間違えないか、内容はそれから、みたいに思えます。
    なので、ただ今英語リハビリ中の私のFBなんか、日本人はなんて思ってるか(- -;)

    日本人気質なんでしょうけど、気遣いとか空気を読むとか、それがどんなに少数派か気付くべきじゃないか?と思うんですよね。腹を割って話すって言う言葉があるのに、全然オープンじゃないし。

    空気を読んで、気を配り、戦争のことをうやむやにしてきたとしたら、それは結果的に気配りでもなんでもない、と思うのは多分私が一度は日本を出たからでしょうか。今、舞い戻ってますけど、ここでは外国姓だと暮らしやすい、かもと最近本当に思います。

    シカさんの様な意見は、多分受け入れられないというか、絶対に叩かれる。そういう風な見方できないんですよ、だって教育の根本が違うんですから。30年以上前に出て行った日本は未だに殆ど変わってません、正直なところあまりに変わってなくてビックリしてます。なので、ガイジン姓を利用しようとやっと思い始めたところです。

    Re: Re: No title

    > ガラパゴス、言い得て妙! ご指摘通り、日本人は言ってる内容よりも言い方に反応するので、あとで冷静に考えてみると往々にして、とんでもない言い分が勝っちゃってる。“空気読め”の空気ってグループ力動のことなんでしょうけど、「赤信号みんなで渡れば怖くない」ので“空気”が間違ってる場合、今のような事態になります。‥‥日本人の行動基準は「みなさま・ひとさま」というモノノケで、事の正邪(良心)じゃない。日本の大気中に漂うモノノケと放射能の量はたいへんなもので、シカのごとき単純な生き物には太刀打ちできません。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR