ラーメン屋のひみつ

    欧州随一の日本人街、ここデュッセル村のインマーマン通り界隈に、行列のできるラーメン屋がある。行列が行列を呼んでいるとしか言いようがない繁盛ぶりだ。

    さて、その数軒手前に、愛想のいいお兄さんが経営する小さなカフェがあり、こちらも日本人に人気だ。黒板に手書きの日本語メニュー、日本人好みの「スイーツ」も置いているし、兄さんは日本語で挨拶してくれる。

    兄さんはアルジェリア人で、母国語(アラビア語&フランス語)と流暢なドイツ語、さらにそこそこの英語と日本語ができる。うちの夫、商売柄ひんぱんにアルジェリアへ行くので、フランス語で故郷の話ができる相手として、兄さんにとってお気に入りの得意客になっている。

    夫は昨日、昼過ぎにコーヒーを飲みに行った。そこへ料理人の格好をした客が入って来て、カフェの兄さんが「同郷の仲間だよ」と夫に紹介した。しかも件のラーメン屋「なにわ」のシェフだという。漠然とエキゾチックな風貌は、彫りが深くて色黒の日本人だってば!と100回聞かされればそうかもと思ってしまう程度には東洋的。日本人ボスから秘伝のレシピを渡され、他の従業員の目に触れないよう金庫に管理する責任を仰せつかっているそうな。化学調味料は、もちろんたっぷり使うのよと言っていた…そうな。

    まあ、かなりの部分は、眉唾にしてもだ。北アフリカは、ホラ吹き文化だからね。それにしても、だ。

    「なにわ」のラーメンは脂っこくて麺が頼りなく、私は一回しか行っていない。もう一軒の「匠」の方は、時々行く。こちらも脂っこいが、麺はまっとうな根性がある。よーく観察してみると、「なにわ」の行列は半分以上がドイツ人、「匠」の方はほとんどが日本人…。ニホンジンの舌は正直ねぇ。

    テーマ : 海外食生活
    ジャンル : 海外情報

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2017年08月 | 09月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR