カズオ・イシグロの英国、愛する英国

    国民投票結果を受けてカズオ・イシグロが書いた記事。その中に、日本人の子として英国に育ち、日系英国人として生きてきた彼自身の痛切な思いを吐露する部分がある。とても心に響く文章なので以下に抜粋(ご参考までに拙訳もどうぞ)。


    "I believe here we need to have some faith in the people of Britain. Even after the shock of last Friday’s result, I still retain that faith. I speak as a 61-year-old man of Japanese birth who has lived here from the age of five; who has observed and experienced this society from the perspective of a small, visibly foreign child who was for years the only such child in his school or his wider community; as someone who has lived in various parts of the country as it went through the major upheavals of the next four decades. The 1970s and 1980s, for instance, saw immigrants come and settle here in large numbers from the Caribbean, the Indian subcontinent and Africa, even as the country went through one economic crisis after the other, and yet the National Front, the BNP and other racist parties have never been able to gain a proper foothold here, not even to the extent of their counterparts on the European mainland, and have crumbled one after the other. The Britain I know — and deeply love — is a decent, fair-minded place, readily compassionate to outsiders in need, resistant to hate-stoking agitators from whatever political extreme — just as it was in the first half of the 20th century when fascism rampaged across Europe."


    「ここに至って私は、英国の人々を信じる心をもたなければと思う。先週金曜のショッキングな結果を受けても、私はまだ信じている。日本に生まれ5歳からこの国に暮らしてきた61歳の者として。見るからに余所者の姿をした小さな子の視点で英国社会を眺め体験してきた者として(そんな姿をした子は学校でも近所でも私だけだった)。この国が以後40年間の激変の波に揉まれる中で国内あちこちに住んだ者として。たとえば1970〜80年代には、次々に襲う経済危機のただ中にカリブ諸島やインド亜大陸、アフリカから大勢の移民がやって来て住みついた。それでも、BNPやナショナルフロントなどの人種差別主義政党は(ヨーロッパ諸国のお仲間ほどにも)まともな足場を築けず次々崩れていった。私の知る英国、深く愛する英国は、真っ当で公平な場所。困っている人には余所者でもためらいなく手を差し伸べ、人々のヘイト感情を掻き立てようとする政治的思惑に易々と惑わされない英国だ。ファシズムがヨーロッパ全土を席巻した20世紀前半にもそうだったように」


    全文はこちら

    テーマ : イギリス
    ジャンル : 海外情報

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2016年07月 | 08月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR