X親権 ○子の権利

    フランス人との離婚に際し、8歳の子をフランスの夫の許に残し単身日本へ帰りたいという女性が相談してきた。

    彼女の話には、有責、慰謝料、親権といった言葉が出てくる。それだけで、フランスに住んだ年月があまり長くないのだなと分かる。案の定、二人が出逢って結婚したのは日本で、フランスへは子が生まれてから移住したそうだ。

    どこから説明していいのやら。第一私はフランスに住んでもいないし子もいない。在仏の日本人弁護士に相談してくださいとは言った。しかし応急手当というか、とりあえずのアドバイスをとおっしゃるので、下記のようなことを伝えた。

    フランス含む欧州では、離婚はどちらか一方がイヤになった時点で成り立つ。家庭内暴力など重大な事由があれば別居と同時(即時)に離婚成立。二人のどちらにも何の非もない場合でも、一方がもうイヤと思えば十分な理由になる。もう一方が離婚したくないと言い続けても別居後1年ないし2年で離婚は受理される。片方の浮気や借金が原因であっても、有責という考え方はない。

    だから慰謝料というものもない。離婚に於いては、結婚生活中に生じたすべての資産が平等に分割される。婚前契約で明確化されていない限りは、片方が結婚前から継続していた事業などによる資産も分割の対象になり得る。

    親権というものはなく、むしろ子の権利がある。つまり子には両親をもつ権利があり、両親に会う権利があるので、片親が勝手に親権放棄しますと言って子の人生から消えることは許されないし、もう片方の親があなたみたいなアホには子を会わせませんなんて言う権利もない。

    彼女の場合、慰謝料も親権もいらないので日本に帰りたいと言っているわけだが、まず慰謝料なんて、いるもいらないも、はじめっからない。そして子には彼女に会う権利があるので、彼女一人日本へ帰ったとしてもかなり頻繁に子に会いにフランスへ行かねばならず、その費用は彼女が自分で捻出せねばならない。

    彼に経済力があり、彼女にないのなら、その辺は離婚自体の協議とは別に、二人の間で相談するしかないと思う。

    日本の考え方とはあまりに違うので、欧州に慣れる前に欧州で危機を迎えた彼女の混乱はたいへんなものだろう。子も巻き込まれることだし、少しでも落ち着いて正しい方向へ舵取りできるように、祈るばかりだ。

    テーマ : 国際結婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    人体、かなり強靭

    12月18日から3週間続いた風邪(?)の間ろくざま食べられず、今度は1月13日の怪我で顎関節がどうにかなってるらしく口を開けられないので食べられない。まあ、液体は摂れるし調子のいい時には高カロリーのものを食べているので、絶食にはほど遠いけど、普通の健康な人の食事量にもほど遠い日々が1ヶ月続いている。

    さっき、クタクタに煮たチコリーにベーコンを巻いてベシャベルをかけて焼いた料理を1時間近くかけて半人前ほど平らげたら、夫が拍手して喜んだ。

    しかし、いささか痩せはしてるけど、べつに倒れるでもなく、普通に生きている。人体って結構丈夫なのねぇと、アホで痛がりでビビりな私に代わって黙々と機能し続ける体に頭の下がる思い。
    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2016年01月 | 02月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR