スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    フランス人夫がみんなカスなわけ、ないでしょ

    なにやら国際結婚に憧れる人向けのサイトというものに出くわして、つらつら読んでいた。

    ここに列記してあるようなのって、フランス人うんぬんじゃなく、国籍問わずカスと結婚したら当然起こる問題の数々だ。相手の置かれた状況やハンディキャップへの想像力と共感力がない、自分のこれまでの生活の快適さは一つも失わず相手にだけ適応努力を求める。“自国”を“実家”とか“自分のキャリア設計”とかに置き換えれば日本人同士の結婚でもよくあるんではと思う。

    夫婦間に相互扶養義務という考えがないのは日本とちょっと違うかもしれない。でも実際に諸般の事情で生計能力の劣る外国人配偶者に、そのことをなじる、無理やりにでも外で働かせようとする‥‥としたら、何国人以前に人としておかしい。と、私は思う。

    カエルにも収入が不安定な時期があった。そんな時、君も働けないかな〜と一緒に知恵を絞りはした。シカもノルウェーで長い間働いてたわけだから、国が変わっても就業は可能だろうと二人とも思ったのだ。でも現実には、日本人中年女性が、それまでの居住国と専門を離れて移住した国でいきなり定職にありつくのは難儀だ。

    英語なんか中途半端だって若ければ日系企業は雇ってくれる。しかし日本企業文化に於けるオバサンの商品価値はめっぽう低い。日本人であることに無関係な仕事‥‥掃除やスーパーの店員‥‥ならある。私はそういう仕事でいいと思って探し始めたのだが、夫は「そこまでしなくていい、つか、して欲しくない」と言った。

    その辺りで夫も腹をくくったらしく、せっせと稼ぎはじめた。もともと生命力のある人なので、やればやっただけ安定が戻ってきた。私も、彼に出会った時点で学歴が収入がといった“スペック“はまるで念頭になかったが、内面に substance のある人(まともな人)かどうかはすごく見ていた。

    カスと結婚してやっていく力が自分にないことは、最初の結婚の失敗でよくわかっていたから。

    カスを選んで結婚してしまった場合、それがせめて自国でのことなら、地縁血縁・思いのまま操ることのできる言語・慣れ親しんだ文化や気候風土・そしてこれまでに築いた全て‥‥といった安全網がある。それがない分、カス相手の国際結婚では、たいへん心細い状況に陥る。

    誰かとこの先ずっと一緒に暮らしていこうと決める前に、自分のことも相手のことも、表層じゃなく本当に大切な資質と力量を見極める力が肝要だ。
    スポンサーサイト

    テーマ : 国際結婚
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2015年12月 | 01月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。