フランス人

    「フランス人ったってよく知ってるのはあなたの家族以外じゃ片手で数えられるぐらいだし、フランスに住んでもいないし‥‥だから全然一般化はできないんだけど」

    ふんふんと夫は聴いている。

    「フランス人の表面に軽く触れただけの私の印象を言えば、理屈っぽくて皮肉屋で話が面白いけど、温かみは‥‥フランス人と聞いて連想する言葉じゃないな」

    「それは当たってると思うよ」と夫。
    フランス人らしからぬ温かな微笑みを浮かべている。

    「自己中ってか、えらく自分に興味もってるよね。自分のイメージとか自分の偉さとか自分の問題とか。必ずしも自信家ってわけじゃないのに、傲慢」

    「よく見てるね。確かに、フランス人はヨーロッパでもずばぬけて自己中だな」

    --------------
    昔、クリエイティブ・リスニングという技術の講義を一回だけ受けたことがある。かいつまんで言えば、相手が話している間、一切の考えを止めてひたすら傾聴するということのようだ。

    これが言うは易しで、ふつう私たちは相手が話している間、常に自分の反応を考えているものだ。相手の言っていることを自分の経験や知識に参照し、自分の意見や自分の反論を組み立てている。しかし実はその作業自体に心の半分がかかりきりになるので、相手の話は半分しか聴こえていない。

    この“自分”を一旦、といっても誰かが話している一かたまりの時間なんて長くて数分なのだが、とにかくその数分間停止して、“相手”に明け渡してみましょうというのが、クリエイティブ・リスニングの主旨らしかった。
    --------------

    これ、実はフランス人のもっとも苦手な技なのではないか(私も得意ではない)。フランス人同士電話で話していると、5分間に最低5回は「最後まで言わせて」「聞いて」に類することを言い合っている。それだけ互いに相手の話の腰を折っているわけだ。フランス人に何か言うと、間髪入れずなんか気が利いたようなコメントが返ってくる。それだけ、こっちが話してる間に自説を準備してるってことだ。

    「あなたは温かいし、時々はちゃんと話聞いてるし、あんまりフランス人らしくないのかな?」

    「君と暮らしていてフランスっぽさが抜けてきたんだ。まえは、けっこう冷たくて怒りっぽかったんだよ」

    テーマ : フランス
    ジャンル : 海外情報

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2015年11月 | 12月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR