副操縦士の名誉挽回に郷里の村が懸命

    ジャーマンウィングス機を墜落させたとされる副操縦士。彼の出身地モンタバウア村で住民が有志のグループを立ち上げた。曰く、

    1)事故機には重大な欠陥があり、ルフトハンザ側がそれを隠すために副操縦士に濡れ衣を着せている。
    2)現地フランスの検察官の発表を鵜呑みにし、ボイスレコーダーの解析内容に疑問を挟まずにいるのはルフトハンザにとって都合がよいからだ。
    3)元カノの証言 −− 彼は雇用条件に不満を抱いていて仕事の話になると人が変わった、墜落する悪夢にうなされていた、「僕はこのシステムを変えるために何か事を起こしてやる。世界が僕の名を知るようになる」と言っていた −− は、何者かに買収されて捏造したものだ。

    などなど‥‥‥‥いわゆる陰謀説が展開されている。

    ドイツ人らしい反応だなと思ってしまう私は、もちろん、ドイツ人への偏見に満ちている。どこがドイツ的だと思うのか。副操縦士個人の名誉がどうのと言っているが、村に汚名を着せられてはたまらないという集団エゴに見えるからだ。村人が、件の青年をよく知っていたわけではない。公表された写真も小学校の卒アル写真。「12歳の時こんなに明るい顔の少年だった彼がそんなことするはずがない」なんて言われると、12歳の時あんなに明るい顔だった少女がこんなシカになるはずがなかったとでも? と訊き返したくなる。

    真相解明にはまだまだ時間がかかるし、解明されないかもしれない。今流れている憶測 −− うつ病の病歴と網膜剥離の発症とで、いつかルフトハンザ本社の長距離線機長になる夢を絶たれるばかりか、今の子会社短距離線副操縦士の職すら危なくなると絶望に駆られていた。恋人が妊娠して、父親になる展望にビビっていた矢先に捨てられた −− は、全部が全部その通りではなかったかもしれない。

    残された家族や友人や村や同僚や会社や政府が何を言おうと、大きな❓を残して飛行機は大破した。はっきり分かるのは、飛行機はたまに落ちるということだけだ。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2015年03月 | 04月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR