副操縦士の名誉挽回に郷里の村が懸命

    ジャーマンウィングス機を墜落させたとされる副操縦士。彼の出身地モンタバウア村で住民が有志のグループを立ち上げた。曰く、

    1)事故機には重大な欠陥があり、ルフトハンザ側がそれを隠すために副操縦士に濡れ衣を着せている。
    2)現地フランスの検察官の発表を鵜呑みにし、ボイスレコーダーの解析内容に疑問を挟まずにいるのはルフトハンザにとって都合がよいからだ。
    3)元カノの証言 −− 彼は雇用条件に不満を抱いていて仕事の話になると人が変わった、墜落する悪夢にうなされていた、「僕はこのシステムを変えるために何か事を起こしてやる。世界が僕の名を知るようになる」と言っていた −− は、何者かに買収されて捏造したものだ。

    などなど‥‥‥‥いわゆる陰謀説が展開されている。

    ドイツ人らしい反応だなと思ってしまう私は、もちろん、ドイツ人への偏見に満ちている。どこがドイツ的だと思うのか。副操縦士個人の名誉がどうのと言っているが、村に汚名を着せられてはたまらないという集団エゴに見えるからだ。村人が、件の青年をよく知っていたわけではない。公表された写真も小学校の卒アル写真。「12歳の時こんなに明るい顔の少年だった彼がそんなことするはずがない」なんて言われると、12歳の時あんなに明るい顔だった少女がこんなシカになるはずがなかったとでも? と訊き返したくなる。

    真相解明にはまだまだ時間がかかるし、解明されないかもしれない。今流れている憶測 −− うつ病の病歴と網膜剥離の発症とで、いつかルフトハンザ本社の長距離線機長になる夢を絶たれるばかりか、今の子会社短距離線副操縦士の職すら危なくなると絶望に駆られていた。恋人が妊娠して、父親になる展望にビビっていた矢先に捨てられた −− は、全部が全部その通りではなかったかもしれない。

    残された家族や友人や村や同僚や会社や政府が何を言おうと、大きな❓を残して飛行機は大破した。はっきり分かるのは、飛行機はたまに落ちるということだけだ。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    ここ数日間の出来事

    金曜から今日日曜の朝まで、義理の継娘(?)が来ていた。アルジェリアとトルコのハーフで今はフランス国籍。礼儀正しく堅実な、理想の嫁といった感じの娘さんだ。容貌は中東的だが、親は大学教授と外交官、インターナショナルスクールで教育を受け大学からはフランスなのもあって、中身は西欧人といっていい。

    ただ‥‥27歳の彼女には、内面にあまり何もない感じがした。頭のいい悪いじゃない‥‥分別や実際的能力は平均以上。だけど、根源的な問いを抱えたことのない若者の浅さがあった。土曜日に行ったオックスフォードで、連れて行ったどのカレッジが『ハリーポッター』のどの映画のロケに使われたとか、嬉しそうにしていた。彼女の夫である私の継息子もそうなので、お似合いのカップルだ。

    というわけで、来てくれたからといってべつに面白くもなんともない客人の世話でつぶれた週末だった。その最中に、従兄から叔母の訃報を受け取った。

    母の姉、5人姉妹のいちばん上の叔母さんだ。報せをくれた従兄は彼女の一人息子で、12人いる従兄弟姉妹のやはりいちばん上。私は生まれて間もなくから2歳まで、父が留学で留守だった期間、母の郷里である姫路で過ごした。その頃からこの従兄をもう一人の兄のように慕って育った。成長してからも、会う機会は少なかったけれど実の兄よりも波長が近く、憧れの従兄だった。叔母は早くに離婚し、ある意味で夫婦のような母子だった。従兄の悲しみを思うと胸が塞がる。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    反省

    いや、ふと気づいたんですが、最近“死”のことばっかり書いてますね。ちょっと方向転換します。扉の方を向くように気をつけます。

    ジャーマンウィングス機墜落

    28歳の副操縦士の中で何が起きたのか分からない。ともかく彼が故意に降下ボタンを作動させたことが分かっている。デュッセルドルフにマンションもあったが、基本的にフランクフルト近郊の親元で暮らしていたようだ。メディアの目はこの両親に集中しているわけだが、息子が死んだ、おまけに149人殺したとなれば、言葉なんか出るわけがない。

    つまり彼には、彼が死んだら嘆く人たちがいた。

    この世に思い遺すことは何もないという人は、往々にして、自殺しない。

    何かの途中にあった人‥‥やりたかったことが果たせなかった、愛されたい人に愛してもらえなかった、なりたい自分になれなかった‥‥いろんな思い遺しがたっぷりある人こそ、自殺するのだろう。だから当然、遺された者や想いがある。

    そこには胸の張り裂けるような嘆きが残る。今回の場合は、150人分。

    幸福な死というものは、なかなか達成できない最終目標なのかもしれない。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    人生を愚弄するドラマ『マッサン』

    最終回まで観ていること自体が恥ずかしくて書きにくいほどの駄作『マッサン』ですが、主人公のエリーさんが“血の足りない病”で亡くなって終わりのようです。以下、私が某感想サイトに投稿した文です。

    ーーーーーーーー
    リタさんは、第一次大戦で婚約者を失った傷心も癒えぬころに出会った日本人に、再生の希望を見出したのか自殺的にどうにでもなれだったのか分かりませんが、恋をしたわけです。あの時代に英国から東洋の島国に移住して、夫の愛に包まれながらも異国での暮らしに疲弊していたはずです。

    ウィスキーに慰めを求めても不思議ではありません。実際、政孝さんが出張先からリタさんへ書き送った書簡には、飲み過ぎを諌めると同時に認めるような優しい慮りが感じられます。「ウィスキー屋の女房がウィスキーの味がわかるのは悪いことではない」というようなくだりがあったように思います。

    ウィスキー屋の女房が、言葉に尽くせない愛と哀しみと寂しさの捌け口をウィスキーに求めたとして、なんの不名誉があるでしょう。彼女の死因が肝硬変であったことをぼかすことにこそ、尊いひとつの人生への不遜な断罪があると思います。

    テーマ : マッサン NHK朝の連続テレビドラマ小説
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    義母の葬儀

    夫の母ジャクリーンが亡くなり、葬儀のためフランスへ行ってきた。

    ジャクリーンは半年ほど前から食欲がなくなり、ほとんど何も食べずにいた。最後の2週間は老人ホームで強制摂食や点滴を受けたが、身体に生きる意志がないことは明白だった。人体は、来る死に備えて自らを飢えさせることで準備をするのだと医師が説明した。飢餓により天然の麻薬であるエンドルフィンが分泌され、一種のマラソン・ハイ状態になり、苦痛や恐怖を和らげるのだという。

    訪ねてきた末息子とホームの食堂でメインディッシュに手をつけ、ワインをグラス半分飲み、デザートまで所望してから一週間後、ジャクリーンは息を引き取った。

    夫の父と兄弟は無宗教なので、6日後の午後に火葬し墓地で遺灰を撒く手配をした。それに合わせて夫と私がフライトを予約した後で故人のメモが見つかり、「簡素でいいのでカトリックで葬儀をしてほしい」とあった。そこで急遽、午前中に教会で葬儀をすることになったが、フライトの変更ができずそれには間に合わなかった。

    ジャクリーンはお姫様気質で、気まぐれに思いのまま生きた。大勢の子や孫も、思いっきり分け隔てて溺愛したり無視したりした。弔う人々の温度差にそれが表れていた。訃報を受けた夫はポカンとして「僕って冷血かな。みんながお悔やみを言ってくれるけど、べつに悲しくないんだ」と言った。そして、棺を炉に入れる前に葬儀屋が「では数分間黙想の時をもちます。それぞれに故人を想ってください」と言ったとき、母との思い出を探そうとしたが何も出てこなかったと言った。「子どもの頃の家族旅行とかの記憶はある。でも母はそこに居ただけで、母と何かしたとか話したとかの思い出はないんだ」。一方、夫の甥でジャクリーンの孫ニコラは、儀式がすべて済んだ会食の席でも涙を浮かべて祖母の思い出を話していた。

    parents in love(S)boat(S).jpg

    ある意味で、フランス女性らしいフランス女性だったのだ。美人。ひとくちに美人といってもイングリッド・バーグマンやグレース・ケリー型ではなくマリリン・モンロー型の、金髪でふくよかでちょっと愚かな女。その女に夢中になり生涯仕えた夫、愛され振り回され無視された娘1人と5人の息子たち。

    彼女の灰が墓地の一角の花壇に撒かれるのを見ながら、その意外に多くもあり僅かでもある量に少し驚いた。ノルウェー人の母をもつ16歳の曽孫娘が流暢なフランス語で詩を朗読した。撒いた灰の上に葬儀屋が一束の花を置いた。

    人生はいろいろあって、ものすごく大変だったり幸せだったり、ぎっしり詰まっている。それもこれも全部、一握りの灰になるんだなと、自分の将来を想った。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    方向転換

    一週間分の食糧を載せたカートを押して、TESCOの大型エレベータに乗った。
    扉を背にして立つ私に、夫が言った。

    「方向、変えたら?」

    私はくるりと身体を回して扉の方を向いた。

    「いや、君じゃなくて、カートの向き‥‥」

    私が俯いたのは、言うまでもない。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    コケットリー

    この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
    パスワード入力
    ブロとも申請

    完璧な夫婦関係の5つの秘訣

    1)相手が、家事参加し、料理や掃除の心得があり、職業のある男性であること。
    2)相手が、あなたを笑わせることのできる男性であること。
    3)相手が、あなたが信頼でき、あなただけを求める男性であること。
    4)相手が、ベッドで優秀で、あなたとの同衾を楽しむ男性であること。
    5)最も肝要なのは、上記4人の男性の間にいかなる接点もないこと。

    すごいのは、これをFBにアップロードしていたのが3ヶ月前に最愛の夫ジムを亡くしたローズマリーなこと。彼女の胸の内は推し量りようもないけど、生きるしかないんだから笑おうとする姿勢に敬服する。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    三日坊主いろいろ

    犬は三日の恩を三年憶えている。猫は三年の恩を三日で忘れる。
    美人は三日で飽きる。ブスは三日で慣れる。

    う〜ん。そうかもしれない。

    この頃出張や親の見舞いで夫が留守がちなので、ミッツィたちに誘われて一人で遊びにいった。私にしてはいやに調子が出て、これまで表面的な付き合いだったオージー男のクリスや、アジ専男と結婚しているフィリピーナのゲヴィとかなり深い話に興じた。そこで出たのが上記の三日論。これを深い話ととるかどうかは、あなた次第です。

    それにしてもミッツィとクリス&ジュリー夫妻、よく飲む。女性としちゃ飲みすぎの部類の私でもあそこまで深酒はしない。

    ミッツィは彼女率いる研究班のエイズの新予防薬の調査結果が出て、ニュースに出たりして、忙しかったようだ。一息ついて羽目を外したみたい。

    近所に親しい人が増えるのは、怠け者の私にはありがたい。

    リサイクル

    うちの近所にブラックヒースという村がある。昔、黒死病が流行った時に死者が続出し、累々たる屍の処分に困った当局が野原を掘っくり返して埋めた土地であることから、黒死病の緑地(Blackheath)という名前がついた。無数の屍が眠る緑地は今では市民の憩いの場となり、周辺に愛らしい家屋や店舗が連なるおしゃれな村が広がる。
    p_blackheath-villa_1676089c.jpg
    そこを夫と散歩しながら、この世に真っ新なものなんて何もないと思った。小学生の頃、教会堂を新築するので大人たちが騒ぐのを見て「だって死んだ人がいっぱい埋まって土に還った土地じゃん。材木だって動物とかの死骸を栄養にして育ったんじゃん。なにが新築よ」と思った。自分の身体だって、会ったこともないご先祖の遺伝子やら食べた動植物の遺骸やらで出来てて、気持ち悪いと思っていた。新品というものが好きだったので。

    食物連鎖といってしまえばそれまでだ。エコロジーといえば今風に聞こえがいい。要するに、すべては過去の結果であり継承であること。過去の過去に何があったのか、現在の結果たる未来に何があるのかは、知る由もないけれど、リサイクルであることは確かだ。輪廻転生を私は信じないが、生命が、物質が、制御不可能なかたちで不滅であることは信じる。私は私が造ったのではないし、私の痕が何をするか私は知り得ない。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    隅々にまで人の手が入った英国

    面積の限られた島国で人口密度がわりあい高く、古くから文明の発達した英国では、どんな片田舎の隅っこに行っても、人の気配が感じられる。砂利道であったり朽ちかけた門であったり、ちょっとした薔薇の茂みであったり。いつか誰かが手をかけた名残りがある。ちまちまと、愛らしい。

    日本もそうだ。変化に富む自然に恵まれた日本ではあるけれど、いかんせん狭いので、人類未踏の地はほとんど残っていないのではと思う。人間にとってかなり不便な条件を備えた土地でも、その風土となんとか折り合いをつけようとしてきた日本人の足跡が残っている。

    ノルウェーで感じた荒涼とは、人の気配の欠如なのだと思う。フィヨルド、氷河、氷点下30℃の湖と原野。誰一人踏み入ったことのない、神が造ったまま手つかずの自然。それは息を呑む美しさなのだけど、ものすごく居心地が悪くもある。人は、そこに居るべきではないのだ。ムンクの絵は狂気でもなんでもなく、見たままの風景だ。映像で、百歩譲って観光で数日間見るぶんには素晴らしい情景だが、住んではいけない。じゃないと鬱病になる。私のように。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    ちょっと留守しました

    金曜の朝から日曜の夜まで、ちょこっとサンセバスティアン(スペイン)に行ってきました。美味しいんだか美味しくないんだか分からない大量の食べ物と美味しくて安いワインと林檎酒を飲食してきました。いろいろ面白かったのですが、帰宅直後の今は書く気力がありません。スペインは楽しいけど、やっぱりうちが一番です。ネコに我慢させたのも可哀想だったし。お風呂にも入ったし、これからネコを抱いて寝ます。では、おやすみなさい。

    テーマ : ヨーロッパ
    ジャンル : 海外情報

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2015年03月 | 04月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR