The same procedure as last year の出典

    なぜか毎年クリスマス〜新年の時期に北ヨーロッパ(スカンジナビア、バルト3国、ドイツ語圏)各国で繰り返し放送されているイギリスの古典コメディ寸劇 Dinner for One。近年では老人ホームを舞台としたWaiting for Godなどという番組を生んだイギリスならではの残酷なユーモアに満ちている。以下あらすじ:

    ーーーーーーーーーーーーーー

    90歳を迎えた老嬢ソフィー。毎年、親しい男友達4人を招いて祝ってきたのだが、さすがの妙齢ゆえ、男性陣は近年一人また一人とご出発になり、今年の晩餐会のお供は同じく老齢の執事ジェームスだけとなった。

    しかし何事も“恒例通り”が肝要。執事と老嬢の「去年と同じ手順で?」「去年と同じ手順よ!」という声掛けで始まった晩餐は、一皿ごとに老嬢の健康を祝って乾杯しつつ進められる。

    スープにはシェリー、魚料理には白ワイン、鶏肉料理にシャンパン、果物とデザートにはポート。問題は、男友達4人の役を執事一人で努めなければならないことだ。テーブルの周りをぐるぐる回りながらポメロン氏、ウィンターボトム氏、トビー卿、フォン・シュナイダー提督になりきって杯を重ねる執事。

    晩餐の終わりにはすっかり出来上がっている。では、寝室へと言うソフィー嬢。執事は「去年と同じ手順で?」。老嬢は顔を綻ばせて答える:The same procedure as every year, James!

    人生を教えたがる人

    クロアチア人のダニーという知人がいる。夫の旧友であるスコットランド女性シーラと結婚して、何十年もイギリスに住んでいる。

    ダニーの英語は物凄く訛っていてヘタクソだ。ダニーというのは本当の名前ではないらしいが、元は何処の何某だったのかシーラ以外誰も知らない。自称貴族の末裔で、出身地はスプリットだったりドブロブニクだったり日替わりだ。

    やんごとなき出自ゆえ高級レストランで他人の奢りでシャンパンなどを嗜むことを好むが、常に野球帽(?)をかぶりポークソテーを“ミディアムで”と指定し(十分火の通ってないブタ肉ってめっちゃ危ないで)、食後にカプチーノ(そりゃオヤツか朝食に飲むもんやろ)を注文する。(チェーンスモーカーなのはあんたの勝手だが)煙草を吸わない人の車や家の中でもモクモクやる。

    ダニーは、会うたびに私と夫を順番に羽交い締めにして「マイフレンド、イッツグッドトゥシーユー」と叫ぶ(ヤニ臭いからやめてほしい)。そして自分の気に入る台詞にはすべて「ブラボーブラボー」と言う。ことある毎にひとの肩を掴み、「アイウィルテルユー、マイフレンド‥‥」に始まる説教が展開される。

    昨夜テレビを見ていたら、クロアチアのことをやっていた。出てくる人々のマンネリズムがことごとくダニーにそっくりで、夫がとうとう音をあげた。

    「ああいう、人生を教えてくれる奴って大っ嫌い。ボクも60やし」。

    戦争で何があったか300回聞いた今もよう分からんが、私も大嫌い。奥さんのシーラは大好きなので、すごく困る。シーラと会おうと思うとダニーがもれなくついてくるから。数日前に会った時、彼がクロアチアでここ数年かかりっきりで改築している“御殿”に招待されてしまった。“七つの海から集まってきたこの素晴らしき友人たち”に囲まれて乾杯したいのだそうだ。さて、いかに華麗にスルーするか‥‥。

    ちなみに私にはサラエボ近郊ツヅラ出身の旧友がいる。1986年に彼女の家族に連れられてユーゴスラヴィア全土を旅した日々はかけがえのない思い出だ。だからバルカン半島が嫌いとかいうのではない。ただ、あのダニーという人、テレビで見た彼にそっくりな物言いと仕草の人々が苦手という話。
    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2014年12月 | 01月
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR