怒りの鉄拳を受けて

    “性根の腐ったドイツ人”という表現に、もの凄い勢いで噛みついて来た人がいた。何処の何方か存じぬので通り魔さんと呼ばせていただく。ドイツで大学を出て10年働いているそうで、ドイツ語もできない私にドイツの良さがわかるワケがないと怒り心頭のご様子。

    住んでいるくせにドイツ語ができないこと自体については、常日頃からさんざんドイツ人に罵倒されているので、土下座しておく。西ヨーロッパ中ほぼくまなく住んだのに日本語と英語しかロクにできないのは褒めたものではない。

    事実上リンガフランカである英語がまともに(これ大事)できると、できるのがドイツ語やスペイン語、ノルウェー語だけの場合に比べ、他言語習得の切羽詰まった必要がなくなってしまうという事情は、酌んでほしいのだけどね‥‥。

    通り魔さんの論理だと、私にはスペイン、フランス、フィンランド、ドイツの美点が見えずイギリスノルウェーのそれはわかり、日本語の他にはドイツ語しかできない通り魔さんには、ドイツ以外わからないことになる。

    私はノルウェー語できたけどノルウェーの良さはあまりわからなかったなあ。そりゃ長年暮らした国だから懐かしさは感じる。友達も多い。でも、公平に考えて特別いい社会とは思わない。星目がちな理想主義と頑迷な田舎者根性が剥離したまま浮遊する、石油成金国家。日本も、育った国だし愛着はあるけど、二度と住みたいとは思わないし。

    言葉がそれほどできなくても、その土地の雰囲気は感じる。スペイン語ができなくたってスペイン人の声が大きいのはわかる。ドイツ人が短気で独善的なのも、長々と話し込まなくてもわかる。長々と話し込めばなぜ短気で独善的なのか理解はできるのかもしれないが、短気で独善的なのが変わるわけではない。

    ドイツ人の国民性のおかげで、製品が壊れないことやスケジュール通りに物事が進む(鉄道を除く)こと、清潔なことなど、いい面も享受した。なにより嬉しかったのは野良猫を発生させないシステム。しかし収支バランスを見ると、これ以上つき合いたい国民とは思えない。

    人生短い。私には、能率や分単位の時間厳守や車が来なくても信号を待つこと、ベランダに洗濯物を干さないことは重要ではない。規則じゃなく愛に基づいて行動しようと志すことのほうが大切だ。

    それぞれ自分の優先順位により適う国をより好きになるのは自然なことだと思うけど。通り魔さんはドイツに惚れすぎてドイツ人になろうと頑張るあまり、ドイツ人並みに短気で独善的になってしまったのだろうか。

    テーマ : ドイツ生活
    ジャンル : 海外情報

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2013年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR