スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    残照

    昔東京の出版社で一緒に働いていたMさんが、昨年亡くなっていたことを知った。

    Mさんは真正のイギリスおたくで、大学で英文学を専攻し、ヘヴィメタを愛した。夢叶ってロンドンに渡ったのは25年以上も前。以来当地でファッションジャーナリストとして働いていた。純文学の翻訳も手がけ、大手出版社から訳書が出ている。 

    「目には目と歯を」が口癖で豪放で激しい一面、脆さと優しさも抱えていたMさんは、イギリス帰りの私に興味をもち可愛がってくれた。仕事も私生活もダメダメな私はMさんにドヤされ励まされていた。でもある時、私はMさんに愛想を尽かされてしまった。それっきり交信は途絶えた。ロンドンで活躍しながらMさんは、多分、私のことなんて忘れていただろう。 

    それでも私からMさんを嫌いになったことは一度もなかった。10年ほど前自分もロンドンに住むようになってからは特に、Mさんはどうしているかなと時々検索していた。そして行き当たったのが、FB上の“Mさん追悼ページ”だった。 

    仕事に行き詰まっていたのかもしれない、失恋したのかもしれない。私がいやというほど味わった異国で独り生きる淋しさ辛さは、Mさんも同じだったろう。だけど遠い日、何かに落ち込んでは死にたいなどとこぼす私を「馬鹿なことグダグダ言ってるんじゃないよ」と叱り飛ばした彼女が、ロンドンのどこかで誰にも看取られず自ら命を絶ってしまった。泣き虫だった私はといえば、同じロンドンで、なんだか幸せになっているというのに。

    ダイアナ妃が亡くなった時、弟さんか誰かが「これほど愛されていたと彼女が知ってさえいたなら」と言っていた。Mさんも、彼女自身は思い出すこともない誰かがMさんを覚えていたこと、知らないまま逝ってしまった。私だけじゃない、大勢の心の中にMさんがいたこと、本人は知る由もなかった。

    一年も経って訃報に触れ、私はMさんのことを考え続けている。人は二度死ぬという。一度目の死は、その人の身体が消え去った時。そして二度目は、その人を知っていた人がみなその人のことを忘れてしまったか居なくなるかした時だと。  

    私の想いの中でMさんは、まだ存在する。それは、Mさんの命の残照‥‥陽が落ちた後しばらくの、うっすらと赤い光なのだ。Mさん、安らかに。
    スポンサーサイト

    悪口:ケイト・ミドルトン

    ウサギのように繁殖しているケンブリッジ公夫妻。ウィリアムのことは別にどうとも思わないが、ケイトの方は(日本でキャサリン妃と呼ばれていることも含めて)めっぽう気に入らない姑根性の私である。

    何が嫌いって、下品なのだ。化粧や服装もそうだが生き方そのものが、LMC(下層中産階級)丸出しにがめつい。イギリス中産階級は、上層中産階級であっても、上流に見られたい、あわよくば加わりたいというあさましさが独特の味わいを醸している。名古屋嬢みたい。

    ウィリアムは、母親の好みを受け継いだようだ。ダイアナは貴族ではあったがオツムが良くはなく、安っぽいわかりやすい趣味の持ち主だった。デュランデュランの音楽やヴェルサーチの服を好んだ。彼女の数多い恋人の中でもとりわけ夢中になった相手はフライドチキン大好きなパキスタン系の心臓外科医だった。ダイアナは少年のウィリアムを、わざわざ変装させてマクドナルドに連れ出したりもした。そのウィリアムはケイトのことを "My Princess Ordinary" と呼んでいたそうで、彼女が庶民であること自体に魅力を感じていたのかもしれない。

    だから好みの相手と結婚できてめでたしめでたしで、それでおしまいの話。なんだけど、王室のある国に暮らす身としては、ふう〜んとかも思うわけである。

    ケイトは母親がエゲツない上昇志向で、"Keeping Up Appearances" で揶揄されまくった見栄っ張り中流夫人を地で行く。ケイト自身も10代の頃からウィリアムの大ファンで、寝室の天井にポスターを貼っていた。そして母親にハッパかけられ王子と同じ大学に進学、見事ハウスメイトとなった。

    日本の紀子さんと似たパターンだ。高価な服に身を包み仮面のような笑顔を浮かべ続けても滲み出るあの下品さが、共通している。

    紀子さん同様ケイトも、一度もまともに働いたことがない。まあ大学在学中から未来の国王とデートしていれば、キャリア選びも不自由だったかもしれない。にしても、就職しようという気配すらなかった。そして30いくつになってようやく婚約を勝ち取るや否や、アホみたいにダイエットして洋服買いまくった。ストレスで痩せたとかじゃなく、意図的なのよと自分で言っていた。その後もなんかに憑かれたように痩せ続けている。摂食障害が蔓延する時代に、たいしたロールモデルだ。

    要するに、たまたま王家に生まれただけで人徳がつくわけじゃなし、趣味が悪いのもしょうがない。王室なんてロクなもんじゃねぇ。ぜんぜん意味わからんです。

    悪夢過ぎて笑える英国政治情勢

    鬼婆が可愛く見えるほどの魔女が首相になった。EU離脱に“成功”したお山の大将ボリスが唐突に首相選から降りたのは、魔女に「アンタさえ降りれば私が勝てるんだから降りなさい、その代わり大臣にしてあげる」と言われたからにちがいない。

    二人とも、自分らの権力争いが国家にEUに世界にどんな迷惑を及ぼそうと毛ほども気にしていない。いや、どいつもこいつも。House of Cards を地でいく破廉恥ぶりには頭がさがる。

    テレサ・メイといえば、合法移民の私まで国外追放しようとした張本人、元法務内務相。CAPITA を雇って非EU移民は問答無用で放り出すことにしたのも、非EU市民と結婚したイギリス国民に収入下限をもうけて、貧乏人には家族とイギリスで暮らす権利すら与えないというルールをまともな国会審議にさえかけず実施するという暴挙に出たのも、この魔女だ。
    images.jpg

    権力のためには人殺しでもなんでもする人が首相になった。

    もう笑うか正気を失うか泣くかしかない英国情勢です。

    テーマ : イギリス
    ジャンル : 海外情報

    カズオ・イシグロの英国、愛する英国

    国民投票結果を受けてカズオ・イシグロが書いた記事。その中に、日本人の子として英国に育ち、日系英国人として生きてきた彼自身の痛切な思いを吐露する部分がある。とても心に響く文章なので以下に抜粋(ご参考までに拙訳もどうぞ)。


    "I believe here we need to have some faith in the people of Britain. Even after the shock of last Friday’s result, I still retain that faith. I speak as a 61-year-old man of Japanese birth who has lived here from the age of five; who has observed and experienced this society from the perspective of a small, visibly foreign child who was for years the only such child in his school or his wider community; as someone who has lived in various parts of the country as it went through the major upheavals of the next four decades. The 1970s and 1980s, for instance, saw immigrants come and settle here in large numbers from the Caribbean, the Indian subcontinent and Africa, even as the country went through one economic crisis after the other, and yet the National Front, the BNP and other racist parties have never been able to gain a proper foothold here, not even to the extent of their counterparts on the European mainland, and have crumbled one after the other. The Britain I know — and deeply love — is a decent, fair-minded place, readily compassionate to outsiders in need, resistant to hate-stoking agitators from whatever political extreme — just as it was in the first half of the 20th century when fascism rampaged across Europe."


    「ここに至って私は、英国の人々を信じる心をもたなければと思う。先週金曜のショッキングな結果を受けても、私はまだ信じている。日本に生まれ5歳からこの国に暮らしてきた61歳の者として。見るからに余所者の姿をした小さな子の視点で英国社会を眺め体験してきた者として(そんな姿をした子は学校でも近所でも私だけだった)。この国が以後40年間の激変の波に揉まれる中で国内あちこちに住んだ者として。たとえば1970〜80年代には、次々に襲う経済危機のただ中にカリブ諸島やインド亜大陸、アフリカから大勢の移民がやって来て住みついた。それでも、BNPやナショナルフロントなどの人種差別主義政党は(ヨーロッパ諸国のお仲間ほどにも)まともな足場を築けず次々崩れていった。私の知る英国、深く愛する英国は、真っ当で公平な場所。困っている人には余所者でもためらいなく手を差し伸べ、人々のヘイト感情を掻き立てようとする政治的思惑に易々と惑わされない英国だ。ファシズムがヨーロッパ全土を席巻した20世紀前半にもそうだったように」


    全文はこちら

    テーマ : イギリス
    ジャンル : 海外情報

    イギリス人の社交性、偽善、優しさ

    「イギリス人は口先ばかり」という悪口をよく聞く。確かに、言葉上手だけど行動を伴わない傾向はあるかもしれない。

    配管や電気の故障で職人を呼んで、時間通りに来た試しも簡単な仕事が一度や二度で終わった試しもないが、やたらと愛想はいい。京都の人の慇懃無礼 −「おぶづけ(お茶漬け)でもいかがですか」は「いい加減帰ってくれ」という意味で、イギリスのディナーの後で出る "Would you like a cup of tea?" とそっくりだ。

    しかし人間は何事にも慣れる力がある。日本人でなくても日本に永く住めば、人の言葉を字面通りに取らず“常識的”に解釈する、行間を読む訓練がついてくる(アスペルガーでもない限りは)。日本語表現の暗号を解読することができるようになる。「またの機会に」と言われれば、「あなたが嫌いなので会いたくありません」と言われなくても相手の意を汲み、かつあえて明言化しないことで自分をも護るようになっていく。

    イギリスでも、イギリス人の特徴をつかんだ上で臨めば、それほど難しくない気がする。同じ言動から違う意味合いを読む勘も働くようになる。よく知りもしない私が怪我したと聞けば様子伺いをしてくれる人がいるとして、「“親切”を演じずにいられない心配性の人なんだな、疲れるだろうな」と思うこともあれば、これから知り合いたいと思って本心で気にかけてくれてると分かることもある。

    たまたま私が日本人なので、イギリスの直言しない・白い嘘をつく社交術が苦にならないのだろう。もっとずっとハッキリものを言う文化から来た人にはストレスになるだろうことは想像できる。

    例の顔面崩壊事故に遭ってから、街の合唱団の知り合いウェンディとアンの二人からお見舞いの訪問やカードや電話をもらって、そんなことを思った。

    テーマ : イギリス
    ジャンル : 海外情報

    送りつけ商法

    コンシェルジェから“荷物が届いてますよ”通知が来た。夫も私も通販頼んだ記憶はないし、贈り物もらうあてもない。❔顔で取りに行った夫、❓顔で戻ってきた。大きな箱の中身は赤ワイン1ダース。夫の好きなリオハやボルドーでも、私の買いそうな安酒でもない。“秋のセレクション”って‥‥注文してないし。

    “注文してない商品が届いたら”で検索してみたところ、政府のサイトにそのままの文言で載っていた。「注文してない商品を店が勝手に送りつけてきた場合、贈り物とみなし消費して結構です。料金を請求された場合、支払い義務はありません」。

    「ふう〜ん。こう書いてあるよ」と見せに行ったら、夫は俄然機嫌が良くなった。「あの店は前に買った時のクレジットカード番号持ってるから、どうせ後日、引き落としがあるだろう。その段階でガツンと言ってやるから大丈夫。そのワイン飲んでいいからね」(ニッコニコ)。

    法は誰の味方か調べるだけは調べたが、実際の攻防はヘタレの私には無理なので夫に任せて、秋のセレクションを堪能中。さっき夫が普段に輪をかけて流暢な英語で電話していた相手は奴等らしい。

    テーマ : イギリス
    ジャンル : 海外情報

    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2018年07月 | 08月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。