スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    帰英前夜

    春の恒例で私ひとり3週間、親の様子を見に東京で過ごした。帰りは羽田早朝発便なので、いつも出発ターミナル内のホテルに泊まることにしている。お値段的にはちょっと背伸びだが、3週間母と喋って夜更かしした後腰痛になりそうなソファーに寝て、毎朝5時半には父の立てる物音に叩き起こされた後では、まあ自分にご褒美あげてもいいかなと思って。

    ひとりでいるのが大好き、というより時々ひとりでいないと頭がおかしくなる私にとっては、すごく必要な休息時間だ。

    3時ごろ空港に着いてドンキホーテとかで安いお土産を買い、スーツケースを受け取って、増えた荷物を収納。コンビニの日本酒、おにぎりやカニカマなどで晩ごはんにした。入浴剤を入れてお風呂を二回。アホみたいな日本のテレビを見るともなく見ている。そろそろ眠ろうかな。明日は早く起きてお寿司を食べてから搭乗するつもりなので。

    おやすみなさい。

    スポンサーサイト

    ミーハー

    三日前、日本に着いてブログを開けてみたら、アクセス数がなんと861回。普段は0〜30アクセス程度の地味ブログに何でまたと思いつつ、日本のテレビでも観るかとリモコンを押すと、カズオ・イシグロのノーベル賞受賞のニュースをやっていた。なんてこった。

    謎の👍

    この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
    パスワード入力
    ブロとも申請

    食べ続ける獣(父)

    この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
    パスワード入力
    ブロとも申請

    You は何しに日本へ

    昨年末から父が胃に穴が空いたとかで入院し、緊急手術後10日ほどで退院したものの食欲はおろか水も飲めない状態で衰弱し再入院となった。

    これはすぐ日本へ行かにゃと思ったが、兄との連絡でまあ大丈夫らしい、胆嚢が悪いとかで3月に摘出手術をするという話だった。まあどうせ3月には日本へ行くのだから、それまで無事でいてくれればと思っていた。父の入院中、母の手助けも必要だろうし。

    さて、日本に着いてみると、激痩せしていたはずの父は丸々と太っていた。こいつは人間か? サイボーグか?

    一日中座っているか寝ているのに働き盛りを軽く凌ぐ食欲と飲酒量も変わっていない。そして夕食時、私が食べるつもりだった餃子に手を伸ばしながら、「今はべつにどこも痛くも痒くもないから、医者に頼んで手術を延期してもらった」と宣う。できればせずに済ませる魂胆まで見え見えである。

    You は何しに日本へ?

    この機会にとばかりに喪服まで持って飛んできた娘は、落胆のあまり一日起き上がれなかった。

    ガイジンは差別用語か

    日本では、誰が言い出したのか定かでないが、日本人でない人を指す呼称として“外人”はダメで“外国人”は政治的に正しいということになっている。らしい。国籍の異なる両親のもとに生まれた子について“ハーフ”は差別的なので“ダブル”とすべしと主張する人々もいるが、こちらは定着しているとは言い難い。

    奇妙なことに、ガイジンといえばたいていの日本人が真っ先に思い浮かべるのは白人で、外国人というと他の人種もぜんぶ含まれる。

    エスキモーとイヌイト、ラップとサーメのように、当事者の言葉での自称を正規とする、それは理解できる。さらに、ニグロとブラックのように、どちらも黒という意味だが、語自体の意味とは無関係にそれぞれの呼称の用いられてきた歴史的社会的文脈から、呼ばれる側がより心地よい方を政治的に正しいとする。これもなるほどねと思う。

    しかし生まれながらに国民である者との対比で外から来た者を“外人”と呼ぶことがなぜ侮蔑的なのか、腑に落ちない。日本語以外でも、自国民以外を指して Auslander、ulkomaalainen、utlending など、外のの人と言う言語もあれば、foreigner、étrange とはっきり“異物”という意味合いの語が一般に用いられる言語もある。

    私は foreigner と呼ばれることにまったく抵抗を感じない。さらに移民と呼ばれるのも、ステキな響きではないものの事実だから仕方がない。どちらもかな〜りバカにされる立場であるが、余所者として住まわせてもらう以上はそういうものだと腹を括っている。

    だから日本で、珍獣扱いされる以外にはさしたる不便も被っていないばかりか、むしろチヤホヤされている白人が、ガイジンと呼ばれて鼻白む気持ちは、さっぱりわからない。
    プロフィール

    シカ

    Author:シカ
    夫のカエルとともにヨーロッパに住むシカです。シカは日本生まれですが、ここ20数年イギリス、フィンランド、ノルウェー、スペイン、ドイツ、振り出しに戻る(イギリス)と流れてきました。カエルはフランス生まれです。詳しくは自己紹介ページへ。

    引用・転載は原則として歓迎ですが、事前にご一報ください。どのような論旨・目的での引用・転載か、把握しておきたく存じます。

    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2018年07月 | 08月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    フリーエリア
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。